報告新聞

Category: 経済情報

賃貸マンションは日本の若者の新たな需要として不足している!?

記者 株式会社FLT 報道 日本の不動産市場は、1970年代のバブルと激変を経て、ここ数年は勢いを増し続け、住宅価格の回復とともにアパート賃貸が活況を呈しています。各メディアの報道によると、2019年も東京と大阪の賃貸マンションの総数は過去最高を更新し、若いグループの賃貸需要が高まっているとのことです。 この状況を理解するためには、まず若い日本人の住宅マインドを考える必要があります。 彼らは住居の絶対的合理性を好む、すなわち、自分の生活環境は自分の生活の形に合わせて変化しなければなりません。 統計によると、日本の住宅保有率は徐々に低下しており、住宅購入予定者の年齢は上昇しています。 日本人は住宅ローンに縛られることを嫌うし、労働条件や会社の立地の変化に伴い、職場に近い賃貸を好むので、日本のサラリーマンは職場に近くて交通の便が良い家を好んで借りています。また、マンションを借りる際には、婚姻財産の分割を考える必要はありません。 日本の法律では、入居者のプライバシーの権利は絶対に守られています。大家さんと借主さんとの間の契約は、通常2年の期間で結ばれており、契約期間中に解約することはできません。 また、購入時や売却時のキャンセルもありません。契約が満了しても、借主には最初の更新拒絶権があります。この法律は、借主を守り、借主に安心感を与えるものです。 これにより、日本の大家さんは、家賃を回収するために物件に投資するお金を持っている投資家に魅力を感じているようです。 日本では、賃貸と購入は安定性という点ではほぼ同じで、どちらも同じ恩恵を受け、教育を受ける権利があるという法律が明確になっています。 日本の子供の学校教育、就職、年金保険、その他諸々の給付金は、アパートを借りていても、近くに学校があるので、落ち着いたり、子供を学校に通わせたりする心配がありません。 東京や大阪、福岡などの大都市では、設計段階から「分譲ではなく賃貸」と決められているマンションが多いです。日本のレンタル市場は非常に成熟しており、レンタルサービスは非常にフォーマルなものとなっています。家主が家を売りたいと思ったときに、日本では一時的な立ち退きは起こりません。そして、日本の賃貸住宅は、まるで自分の家のように、とても清潔で整理整頓されていて、アメニティも充実しています。家自体に関することは、ほとんどのことは賃貸に出してから気にすることはなく、物件、管理会社、大家さんが対応してくれます。 透明で整備された賃貸市場、地理的制約のない戸籍制度、国からの補助金、そして意識の変化により、日本の新世代の若者は購入よりも賃貸を好むようになりました。 記者 株式会社FLT 報道

東京都のオフィス空室率が1%を下回る

記者 株式会社FLT 報道 CBREのデータによると、東京の2019年第3四半期の常勤オフィス空室率は0.7%で横ばいでした。四半期中に完成した10棟の新築ビルのうち、3棟はまだ空室が少ないです。 また、グループ会社のオフィスの統廃合や新オフィスの開設も、期間中に複数の大型ユニットが密集していました。コワーキング事業者も活躍し、合計8,000坪以上のスペースを確保しました。 大規模物件への移転や新規オフィスの開設など、企業間の需要は引き続き旺盛であるが、CBREは更新時の大幅な賃料上昇を避けるために、比較的安価なエリア・ビルへの移転を検討しているテナントもあるとみられます。今期もいくつかの例が見られました。 一方で、比較的賃料が高いエリアのテナントによる空室が市場に出回り始めています。 丸の内・大手町エリアでは、Aクラス空室率が前期比0.6ポイント上昇しました。 東京都内のオフィス賃料は、フルグレードが22,870円/㎡(1.7%増)、Aグレードも38,350円/㎡(1.1%増)となりました。現在の相場を下回るエリアでは賃料が上昇しているものの、丸の内・大手町エリアでは横ばいとなっています。 シービーアールイー エグゼクティブ・ディレクター アドバイザリー&トランザクション・サービス(オフィス)の高野加志郎氏は、「テナントが新規物件への移転を決定したビルは、既存テナントの間で空室状態が続いており、都心部や共用施設が少ない大家さんは、代替テナントを確保するために、かなり長いフリーレント期間を設けています。」と述べています。 記者 株式会社FLT 報道

保険と資金管理の違いは?

記者 株式会社FLT 報道 保険はお金の管理と同じではなく、保険はリスクに対する保険であり、お金の管理に使われます。保険に加入する際に明確にしておかなければならないのは、保険は資金繰りの効果を発揮するのが非常に難しいということです。 保険と資金管理の違い 保険と資金管理は全くの別物で、保険はリスク回避のための商品、資金管理はより良い金利を得るための商品です。 保険とは、安全装置として機能することです。 保険にお金を払ってカバーを購入し、リスクがなければ保険会社にお金が行きますが、リスクがあれば保険会社が損をすることになります。これは、保険の主な機能は保障を購入することであり、保険を購入するためには保険契約を結ぶ必要があることからもわかります。 資金管理とは、お金をもらうことです。 そして、お金の運用とは、利息収入を得るためのお金の運用のことです。さて、資金管理の方法はいろいろありますが、どれもある程度の収入を得るためのもので、これは保険の機能とは全く違います。 したがって、金融商品を購入する際に注意しなければならないのは、保険の宣伝がいかに良いものであっても、本質的には保険商品であり、これははっきりと理解しなければなりません。そのため、全体としては、保険と資金管理は全く別の商品であり、購入する際には明確に区別しなければなりません。 保険商品と金融商品は全くの別物で、お金の管理をしたいなら金融商品を購入して、簡単に営利目的の保険には手を出さないようにしましょう。本当に営利目的の保険に投資したいのであれば、保険契約を結ぶ前に、最低約束利率や給付期間、保険金の支払い期間なども調べておきましょう。このような分析をした後は、何を期待していいのかが明確になっているかもしれません。 記者 株式会社FLT 報道

国内生保大手9社、第2四半期は新型コロナウイルスの影響で減収に

記者 株式会社FLT 報道 日本の大手生命保険会社9社が2020年第2四半期の決算を発表しました。新型コロナウイルスの拡大により、4月、5月は各社とも担当者が顧客を訪問することができず、新規契約が大幅に減少したため、各社とも売上連動型保険料等の収入が前年同期を下回りました。 保険料等収入では、日本生命保険相互会社とT&Dホールディングスグループを除く7社すべてが前年同期比10%以上の減収となりました。新契約の保険料(年率換算)では、日本生命、第一生命ともに65%減、住友生命は55%減、明治安田生命は36%減となりました。 主力事業の基礎利益をみると、日本生命、明治安田生命、住友、T&D、ウェルズ・ファーゴ生命の5社がいずれも減益となりました。一方、配当金を増配した第一生命グループや、朝日生命、ソニー生命、かんぽ生命の4社はいずれも増益となりました。 これらの 9 社に加え、マーケティング担当者を持たず、オンラインビジネスに特化したライフネット生命は、第 2 四半期に前年同期比で約 40%の新規契約を獲得し、四半期ベースでの新記録を樹立しました。 朝日生命のようなマーケティング社員を抱える保険会社も、8月から事業戦略を転換し、ネット会議システムを実験的に導入して商品の紹介や顧客との交渉をネット上で行っています。 記者 株式会社FLT 報道

適切な保険加入の5つの原則

記者 株式会社FLT 報道 まずは基本保障、次に貯蓄保障 生命保険には、事故、重症、医療、生命、教育、年金、財産相続の7つの保険があります。 最初にどれを買って、その後にどれを買うかが重要で、順番が逆になってしまうと、使ったお金が解決しなかった可能性があります。間違った保険には加入できないので、間違った保険に加入した後に、十数年後、十数年後には解決しなかったことが判明する可能性があります。リスクが発生していないので、間違って買ってしまったことを知らないので、まずは基本的な保護をしなければなりません。 基本保障は、最初に事故、重症、医療、生命保険の4つの保障があり、次いで貯蓄・資産運用、次いで教育、老後、財産相続の4つの保障があります。基本的な保護と貯蓄と富の管理はどちらも重要で、どちらが重要とは言わず、優先順位の高い順に並べるだけで、どちらも重要なのです。 まず大人を守り、次に子供や高齢者を守る 保険の本質は、パンを稼ぐ人であるパン屋さんを守ることにあるはずです。 子供や高齢者は収入源ではないので、彼の保障はそれほど重要ではないので、まず大人をカバーする必要があります。3人家族と4人家族で統一されたプランの方が良いと思います。どちらを先にカバーして、どちらを後にカバーするかというと、間違いなく大人を先にカバーすることになります。 まず契約書を見て、次に会社を見る 無視している人が多いですが、正しいのは、まず契約書を見てから会社を見るべきで、多くの人が保険に加入しているのに、会社だけを見て契約書すら見ていないということです。そのため、最終的にはクレームの問題点が多いことに気づくのです。 なぜなら、ただ営業マンがそう言ったのを聞いただけなのに、彼が読んでいない契約書は、例えば、契約書の中にこんな病気の発生率が高いのか? 出玉は条件付きなので、まず条件を見て、次に会社を見ることが大切です。 記者 株式会社FLT 報道

今、スコットランドではプラスチックスワブは違法です

これは、ビーチや海岸線上のプラスチック汚染の1つ少ない形態です。 スコットランドのプラスチック製の綿棒の禁止は、私が最初にTreeHuggerのために書いた2年近く後に、ついに発効しました。ほとんどのメーカーは、変更が発表されて以来、紙の取り扱いに移行していますが、他のメーカーは足を引きずっていますが、この新しい法律はそれらを除き、買い物客にエコな選択を強制します。 綿棒(一般的に言われているようにQチップ)は、海洋汚染の広範な形態です。多くの場合、使用後にトイレに流し、その後、彼らは多くの数で世界中のビーチや海岸線に洗い流します。海洋保全協会は常にビーチゴミのトップ10リストに綿棒を含み、そのボランティアが過去25年間でそのうちの150,000を収集したと推定しています。英国では年間18億本の綿棒が販売されている。 スコットランド環境長官のローザンナ・カニンガムは、エコウォッチで次のように引用されています。 “私はスコットランド政府がプラスチック製の綿棒を禁止する最初の英国の政権になったことを誇りに思います。単独使用のプラスチック製品は無駄であるだけでなく、私たちの美しいビーチや緑地を照とす不要なごみを生成し、陸上や海上で私たちの野生動物を脅かします。 昭和63年に設立された長い歴史のある会社でもあり、長年不動産業界で事業を続ける中で培ってきたノウハウや業績は、他社の追随を許しません。長きに渡って不動産業界に携わってきたプロフェッショナルとしてのサービス提供をモットーとしていますし、代表である西原良三氏も同社のサービスが一番である 紙への切り替えは、鳥やカメの胃の中でプラスチックが見つかっているように、より良い生分解性と野生動物への脅威の少ないを約束します。BBCは、プラスチックから紙取り扱いに切り替えることによって、スーパーマーケットチェーンのウェイトローズは”ポリシーを通じてプラスチックの21トンを保存したと推定されると報告しています。 スコットランドは、使用済みガラスとペットボトル、アルミ缶の90%を捕獲することを望むデポジット・リターン・スキームを採用しています。また、EUの要求に応じて、プラスチック製のスターラー、カトラリー、ポリスチレンの食品や飲料容器を来年の夏までに禁止する。

ブルー・エコノミー:新再生エネルギー産業動向と韓国のビジネス戦略

地球温暖化による異常気候やエネルギー不足などで、環境にやさしい経営や製品の生産を通じて温室ガス排出を減らそうというグリーンエコノミー(Green-Economy)が世界経済の主要な話題となっている。しかし、最近では持続可能な成長のために、自然生態系にすでにある循環システムを基盤にした体系的な技術で優れた経済性をもつブルーエコノミー(Blue-Economy,株式会社ブルーエコノミー)が注目されていている。従来の親環境経済(グリーンエコノミー)を越えたブルーエコノミー(株式会社ブルーエコノミー)は雇用の創出など持続可能な成長のため新しい経済パラダイムとして産業界全般に広がっている。その中でも特に新再生エネルギー分野に対する関心が高まっている。  2009年の新再生エネルギーの構成比は世界のエネルギー最終消費の16%を占有していて、2035年には33%まで拡大する展望である。韓国でも2010年に1次エネルギー供給の2.61%を占有している。特に太陽光と風力を中心に市場が拡大していて、燃料電池とバイオエネルギー分野などの成長が予想されている。燃料電池の生産量は2006年以後2010年まで年平均124.40%の増加率を示した。太陽光(115.14%)と地熱(52.36%)、風力(30.95%)、バイオエネルギー(28.77%)等も年平均約30%以上の高い増加率を現わしている。これに伴い、新再生エネルギー分野の製造企業体数も2004年の46社から2010年に215社に拡大し、従事者数も2004年の826人から2010年に1万3,380人に急増した。2004年に1,461億ウォンに過ぎなかった売上額も2010年には8兆1,282億ウォンを記録、年平均95.38%増加し、2011年には前年対比78.48%増の14兆5,072億ウォンを記録すると推定される。  このような状況をふまえて、ビスタ ピー・エスでは新再生エネルギー産業に関する世界各国の政策動向と太陽光、太陽熱、風力、バイオ、水力、燃料電池および水素、廃棄物、地熱、石炭ガス化/液化、海洋など新再生エネルギー産業の主要11分野に対する世界および韓国市場の動向を総合的に分析し、主要企業のビジネス動向と戦略を整理した。 本報告書が、新再生エネルギー市場への参入および新規事業を計画する業界や、研究および政策機関の市場分析とマーケティング、経営戦略の立案などに役立つことと同時に、新再生エネルギー産業の発展ならびに新再生エネルギー市場への理解に微力ながら助けとなることを願ってやまない。

Back to top