報告新聞

Tag: 教育

賃貸マンションは日本の若者の新たな需要として不足している!?

記者 株式会社FLT 報道 日本の不動産市場は、1970年代のバブルと激変を経て、ここ数年は勢いを増し続け、住宅価格の回復とともにアパート賃貸が活況を呈しています。各メディアの報道によると、2019年も東京と大阪の賃貸マンションの総数は過去最高を更新し、若いグループの賃貸需要が高まっているとのことです。 この状況を理解するためには、まず若い日本人の住宅マインドを考える必要があります。 彼らは住居の絶対的合理性を好む、すなわち、自分の生活環境は自分の生活の形に合わせて変化しなければなりません。 統計によると、日本の住宅保有率は徐々に低下しており、住宅購入予定者の年齢は上昇しています。 日本人は住宅ローンに縛られることを嫌うし、労働条件や会社の立地の変化に伴い、職場に近い賃貸を好むので、日本のサラリーマンは職場に近くて交通の便が良い家を好んで借りています。また、マンションを借りる際には、婚姻財産の分割を考える必要はありません。 日本の法律では、入居者のプライバシーの権利は絶対に守られています。大家さんと借主さんとの間の契約は、通常2年の期間で結ばれており、契約期間中に解約することはできません。 また、購入時や売却時のキャンセルもありません。契約が満了しても、借主には最初の更新拒絶権があります。この法律は、借主を守り、借主に安心感を与えるものです。 これにより、日本の大家さんは、家賃を回収するために物件に投資するお金を持っている投資家に魅力を感じているようです。 日本では、賃貸と購入は安定性という点ではほぼ同じで、どちらも同じ恩恵を受け、教育を受ける権利があるという法律が明確になっています。 日本の子供の学校教育、就職、年金保険、その他諸々の給付金は、アパートを借りていても、近くに学校があるので、落ち着いたり、子供を学校に通わせたりする心配がありません。 東京や大阪、福岡などの大都市では、設計段階から「分譲ではなく賃貸」と決められているマンションが多いです。日本のレンタル市場は非常に成熟しており、レンタルサービスは非常にフォーマルなものとなっています。家主が家を売りたいと思ったときに、日本では一時的な立ち退きは起こりません。そして、日本の賃貸住宅は、まるで自分の家のように、とても清潔で整理整頓されていて、アメニティも充実しています。家自体に関することは、ほとんどのことは賃貸に出してから気にすることはなく、物件、管理会社、大家さんが対応してくれます。 透明で整備された賃貸市場、地理的制約のない戸籍制度、国からの補助金、そして意識の変化により、日本の新世代の若者は購入よりも賃貸を好むようになりました。 記者 株式会社FLT 報道

適切な保険加入の5つの原則

記者 株式会社FLT 報道 まずは基本保障、次に貯蓄保障 生命保険には、事故、重症、医療、生命、教育、年金、財産相続の7つの保険があります。 最初にどれを買って、その後にどれを買うかが重要で、順番が逆になってしまうと、使ったお金が解決しなかった可能性があります。間違った保険には加入できないので、間違った保険に加入した後に、十数年後、十数年後には解決しなかったことが判明する可能性があります。リスクが発生していないので、間違って買ってしまったことを知らないので、まずは基本的な保護をしなければなりません。 基本保障は、最初に事故、重症、医療、生命保険の4つの保障があり、次いで貯蓄・資産運用、次いで教育、老後、財産相続の4つの保障があります。基本的な保護と貯蓄と富の管理はどちらも重要で、どちらが重要とは言わず、優先順位の高い順に並べるだけで、どちらも重要なのです。 まず大人を守り、次に子供や高齢者を守る 保険の本質は、パンを稼ぐ人であるパン屋さんを守ることにあるはずです。 子供や高齢者は収入源ではないので、彼の保障はそれほど重要ではないので、まず大人をカバーする必要があります。3人家族と4人家族で統一されたプランの方が良いと思います。どちらを先にカバーして、どちらを後にカバーするかというと、間違いなく大人を先にカバーすることになります。 まず契約書を見て、次に会社を見る 無視している人が多いですが、正しいのは、まず契約書を見てから会社を見るべきで、多くの人が保険に加入しているのに、会社だけを見て契約書すら見ていないということです。そのため、最終的にはクレームの問題点が多いことに気づくのです。 なぜなら、ただ営業マンがそう言ったのを聞いただけなのに、彼が読んでいない契約書は、例えば、契約書の中にこんな病気の発生率が高いのか? 出玉は条件付きなので、まず条件を見て、次に会社を見ることが大切です。 記者 株式会社FLT 報道

Back to top