報告新聞

三山熊裕

寝る前にお腹が空いたと思ったら食べた方がいいの?寝るときの3つの葛藤

jphktk

記者 三山熊裕 報道

  1. 寝る前にお腹が空いたと思ったら食べた方がいいの?

この質問に答える前に、自分自身に聞いてみましょう:太っているのか? 背が伸びているのかな? 日頃から十分な運動をしていますか?

痩せていて体が弱い人、定期的に運動をしている人、成長発達期にある人は、就寝前に全粒粉パン、スキムミルク、低糖質ヨーグルト、ゆで卵白、ゆで鶏の胸肉などの低カロリーの炭水化物やたんぱく質食品を補ったり、フルーツを食べたりするのがおすすめです。しかし、食べ過ぎには注意が必要で、そうしないと消化に影響を与え、結果的に眠れない夜になってしまうので、しばらく食べてから寝るのがベストです。

普段から運動不足で太り気味(肥満児含む)の方は、マイクロメディックのアドバイスでは、寝るときに体が低代謝状態になり、本当に太ってしまうので、口をつぐむようにしてください。お腹に悪いという心配はありませんし、たまには飢餓状態になっても体に大きな影響が出るほどではありません。

もちろん、常に空腹でベッドに行くことは間違いなく良いことではありませんが、胃の問題を引き起こすだけでなく、睡眠にも影響を与えます。したがって、より実現可能な方法は、我々はそのような2つの食事に夕食を分割するなど、彼らの「空腹ポイント」に応じて夕食の時間と量を調整することですが、それぞれの時間は少し少ない、2番目の食事は、就寝前に約2〜3時間食べることができます。

  1. 寝る前に牛乳を飲むと寝つきが良くなる?

確かに牛乳に含まれるトリプトファンには一定の鎮静作用がありますが、独立行政法人食品安全品質監督検査センターの検査では、牛乳に含まれるトリプトファンの含有量は323.9mg/kgなので、コップ250mlの牛乳に含まれるトリプトファンの含有量は100mg以下ということになります。

また、トリプトファンが働き、睡眠に影響を与えるためには、「血液脳関門」(脳と血液の間にあるバリアで、特定の有害物質が血流から脳組織に侵入するのを防ぐ)を越える必要があります。牛乳にはトリプトファン以外にも、血液脳関門と競合するアミノ酸があり、トリプトファンが血液脳関門を越える能力を低下させます。

このように、牛乳に含まれるトリプトファンだけでは、睡眠を促す効果はあまり期待できません。しかし、いつも寝る前にコップ一杯の牛乳を飲んでいたという人は、多かれ少なかれ心理的なプラシーボ効果があるかもしれないので、飲んで損はありません。

  1. 寝る前に水を飲むことは浮腫みの原因になる?

寝る前に100~200mlの水を適度に補給すると全く問題ありません。そうでない場合は、一晩寝た後、体が少し脱水状態になることがあります。

しかし、飲む水もデリケートで、飲む水の量に注意を払うことに加えて、水を飲む時間にも注意を払う必要があります。お酒を飲み始める数分前には寝ないことをお勧めしますが、お酒を飲むときは寝る1時間前や30分前でも構いません。

飲む時間は、一呼吸早く飲みすぎないように、ゆっくりと飲むのが一番ですし、夜のトイレの回数が多いと睡眠の質にも影響してきます。

記者 三山熊裕 報道

Tags:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top