報告新聞

未分類

日本人のように食べる – 日本に行くときに試してみなければならない11品

jphktk

6. そば

そば(おも)はそば粉で作られた麺で、灰色/茶色がかった色になります。彼らは東京のお気に入りであり、武士の間で人気が出た江戸時代(1603-1868)にさかのぼります。

そばはスパゲッティとほぼ同じくらい厚く、スープの有無にかかわらず様々な温かい冷たい料理で調理されます。野菜、天ぷら、生卵、肉を添えてお召し上がりください。そば料理はとても人気があり、日本全国で見つけやすいです。そば100%そばは脆い傾向があるので、多くのレストランでは麺を作るときに小麦粉を加えます。

そば料理はいろいろなバリエーションがありますが、一番基本的なそば料理は、冷たいそばを醤油ベースのディップソース(つゆ)で食べる森そばです。そば粉と緑茶パウダーを混ぜ合わせた緑茶そばも用意しています。

7. 天ぷら

16世紀に初めて日本をバッターフライの芸術に紹介したのは、長崎のイエズス会宣教師だったので、日本はポルトガルの天ぷら(天体か天体か)に感謝することができます。

8. 餃子 – 餃子

日本はタイのような他のアジア諸国ほど「ストリートフード」文化を持っていませんが、餃子や蒸し餃子は、日本各地や駅などで売られているような食べ物です。もともとは中国人ですが、日本中で大人気となっています。

餃子は、豚肉、牛肉、鶏肉、野菜、豆など、異なる種類の充填物を持っています。

9. 焼肉

焼肉は日本版のバーベキューで、テーブルの真ん中の皿やグリドルに肉や野菜のスライスを作ってもらいます。焼肉店では牛肉やオフィラルが人気の店ですが、豚肉、鶏肉、シーフードもメニューに用意されています。

10. 馬

今まで馬肉を試してみました?!日本、特に東京では大きなものです。ホテルの真向かいにある人気の馬屋だったので、もちろん調べなければならなかった。実はかなりおいしかったけど、刺身は少し噛みにくかった。

11. 和菓子

日本のお菓子は本当に素敵で、かわいいとカラフルで、私が今まで見た中で最も繊細なスイーツのいくつかです。各作品は芸術作品のように見えます。日本人はたいていお菓子と一緒に緑茶を飲む。

代表的な緑茶セットは山天奈名陽館・まちセットです。ユーカンは、ゼリー状のもやペーストで作られた典型的な日本の甘いです。彼らは通常、3つの異なる色で来ます。茶色は黒大豆で作られ、黄色/緑は緑の大豆で作られ、紫色は紫色のサツマイモで作られています。

Tags:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top