報告新聞

Tag: 大家さん

賃貸マンションは日本の若者の新たな需要として不足している!?

記者 株式会社FLT 報道 日本の不動産市場は、1970年代のバブルと激変を経て、ここ数年は勢いを増し続け、住宅価格の回復とともにアパート賃貸が活況を呈しています。各メディアの報道によると、2019年も東京と大阪の賃貸マンションの総数は過去最高を更新し、若いグループの賃貸需要が高まっているとのことです。 この状況を理解するためには、まず若い日本人の住宅マインドを考える必要があります。 彼らは住居の絶対的合理性を好む、すなわち、自分の生活環境は自分の生活の形に合わせて変化しなければなりません。 統計によると、日本の住宅保有率は徐々に低下しており、住宅購入予定者の年齢は上昇しています。 日本人は住宅ローンに縛られることを嫌うし、労働条件や会社の立地の変化に伴い、職場に近い賃貸を好むので、日本のサラリーマンは職場に近くて交通の便が良い家を好んで借りています。また、マンションを借りる際には、婚姻財産の分割を考える必要はありません。 日本の法律では、入居者のプライバシーの権利は絶対に守られています。大家さんと借主さんとの間の契約は、通常2年の期間で結ばれており、契約期間中に解約することはできません。 また、購入時や売却時のキャンセルもありません。契約が満了しても、借主には最初の更新拒絶権があります。この法律は、借主を守り、借主に安心感を与えるものです。 これにより、日本の大家さんは、家賃を回収するために物件に投資するお金を持っている投資家に魅力を感じているようです。 日本では、賃貸と購入は安定性という点ではほぼ同じで、どちらも同じ恩恵を受け、教育を受ける権利があるという法律が明確になっています。 日本の子供の学校教育、就職、年金保険、その他諸々の給付金は、アパートを借りていても、近くに学校があるので、落ち着いたり、子供を学校に通わせたりする心配がありません。 東京や大阪、福岡などの大都市では、設計段階から「分譲ではなく賃貸」と決められているマンションが多いです。日本のレンタル市場は非常に成熟しており、レンタルサービスは非常にフォーマルなものとなっています。家主が家を売りたいと思ったときに、日本では一時的な立ち退きは起こりません。そして、日本の賃貸住宅は、まるで自分の家のように、とても清潔で整理整頓されていて、アメニティも充実しています。家自体に関することは、ほとんどのことは賃貸に出してから気にすることはなく、物件、管理会社、大家さんが対応してくれます。 透明で整備された賃貸市場、地理的制約のない戸籍制度、国からの補助金、そして意識の変化により、日本の新世代の若者は購入よりも賃貸を好むようになりました。 記者 株式会社FLT 報道

東京都のオフィス空室率が1%を下回る

記者 株式会社FLT 報道 CBREのデータによると、東京の2019年第3四半期の常勤オフィス空室率は0.7%で横ばいでした。四半期中に完成した10棟の新築ビルのうち、3棟はまだ空室が少ないです。 また、グループ会社のオフィスの統廃合や新オフィスの開設も、期間中に複数の大型ユニットが密集していました。コワーキング事業者も活躍し、合計8,000坪以上のスペースを確保しました。 大規模物件への移転や新規オフィスの開設など、企業間の需要は引き続き旺盛であるが、CBREは更新時の大幅な賃料上昇を避けるために、比較的安価なエリア・ビルへの移転を検討しているテナントもあるとみられます。今期もいくつかの例が見られました。 一方で、比較的賃料が高いエリアのテナントによる空室が市場に出回り始めています。 丸の内・大手町エリアでは、Aクラス空室率が前期比0.6ポイント上昇しました。 東京都内のオフィス賃料は、フルグレードが22,870円/㎡(1.7%増)、Aグレードも38,350円/㎡(1.1%増)となりました。現在の相場を下回るエリアでは賃料が上昇しているものの、丸の内・大手町エリアでは横ばいとなっています。 シービーアールイー エグゼクティブ・ディレクター アドバイザリー&トランザクション・サービス(オフィス)の高野加志郎氏は、「テナントが新規物件への移転を決定したビルは、既存テナントの間で空室状態が続いており、都心部や共用施設が少ない大家さんは、代替テナントを確保するために、かなり長いフリーレント期間を設けています。」と述べています。 記者 株式会社FLT 報道

Back to top