報告新聞

Tag: 免疫グロブリン

がん細胞を殺す飲食の小さな習慣

記者 三山熊裕 報道 ゆっくり食べて、ゆっくり噛むこと 一般的に食べ物が口に入った後は、噛むことで細かく分解することができ、細かく噛めば噛むほど胃腸への負担を軽減することができます。同時に口からは唾液がたくさん分泌され、食べ物がしっとりとして飲み込みやすくなります。 と噛むことによって、また反射的に胃液、膵液、胆汁分泌を引き起こす可能性があり、さらに消化に助長されています。 また、唾液にはリゾチームなどの活性酵素やビタミン類、多くの有機酸、ミネラル、ホルモン、免疫グロブリンAなどが十数種類含まれています。 消化、殺菌、解毒を助けるだけでなく、過剰な酸素によるフリーラジカルキラーの攻撃から細胞や遺伝子を守り、発がん物質の毒性を特定して不活性化するという重要な役割を果たしています。 しかし、食事の際にガブ飲みをすると、咀嚼回数が減るために唾液の分泌量が減り、唾液が口の中で食べ物と十分に混ざり合って接触することができず、正常な消化・殺菌・解毒・がん予防などの効果を発揮することができません。 そのため、食事の際にはゆっくりと噛んで飲み込むようにしましょう。 沸いたばかりのお湯を飲んではいけません。 世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)が発表した報告書では、「摂氏65度以上の熱い飲料を飲むと発がんリスクがある」と警告しています。 理由は、私たちの口と食道の表面が繊細で壊れやすい粘膜の層で覆われているということですが、適切な給餌温度は10〜40℃であり、高温のみ50〜60℃を許容することができ、65℃以上が焼かれます。 場合によっては、これらの粘膜は自分で修復することができます。しかし、熱いものを頻繁に食べていると、粘膜は「刺激-損傷-修復」を繰り返す過程で、どんどん異常な「異質な」細胞を作り出していきます。 時間の経過とともに、口内炎や食道潰瘍などのトラブルは避けられませんが、がんも一歩一歩身近なものになっていくかもしれません。 お酒を飲まないこと どんなお酒を飲んでも、お酒を飲めばアルコールを摂取することになります。しかし、アルコールそのものとその代謝物であるアセトアルデヒドは、いずれも世界保健機関(WHO)によって発がん性があるとされています。 アルコールやアセトアルデヒドを日常的に摂りすぎると、体内に蓄積され、様々な組織や臓器、特に肝細胞に有害な影響を与えてしまいます。 お酒を飲み過ぎなくても、お酒を飲まなくても、体内にアルコールが蓄積されたり、アルコールを長時間摂取することで肝臓に害を与えてしまいます。 また、長期的な飲酒は胃粘膜を傷つけ、慢性的な胃炎や胃潰瘍の原因となり、長い目で見ればガンを助長することにもなります。 記者 三山熊裕 報道

Back to top