報告新聞

Tag: 保険料

日本の保険に関するよくある質問

記者 株式会社FLT 報道 高齢者向けの保険はありますか? 50歳以上の方は、一般的に病気のリスクが高まるため、医療保険や重症度の高い保険を優先して加入することをお勧めします。生涯現役医療保険、重症心身共済(高額予算)、都民共済・県民共済(低額予算)はどれも良い選択肢です。 また、子どもたちもそろそろ成人に近づいてきており、老後のための年金計画を考える時期になってきました。 資産運用物件でいくつかの年金保険を考えてみましょう。 45歳くらいで月々の保険料は? 45歳前後の方は、5,000円前後の保険料を優先して医療保障や重症度別保障を積み立てておくと良いでしょう。 また、小さなお子さんがいる場合は、生命保険を検討することをおすすめします。 あるいは、貯蓄型の生命保険に加入することで、老後のために貯蓄をして、高い保障を享受することもできます。 終身保険を選ばなければならないのか? 将来のリスクは? 日本では、医療保険の範囲内での損害保険商品のコストパフォーマンスは、各種の共済を除き、一般的に生命保険に比べて低いとされています。また、医療保険は通常、保険料が免除されることが多いので、病気になったり、一定の状態になったりすると、将来の保険料がすべて免除され、一生涯保障されることになります。 また、高齢になると、様々な重篤な病気や慢性疾患を抱えていたり、病歴があったりすると、保険に加入することが非常に難しくなります。 外国人は日本の保険に加入できるのか? はい、できます。契約者と被保険者の双方が保険加入時に日本に在留カードを持っていることが加入条件となります。つまり、観光ビザなどの短期滞在ビザは認められていません。 また、日本の保険会社のほとんどがグローバルクレーム決済に対応しており、条件を満たせば治療のために帰国しても補償を受けることができます。

日本における保険の種類

記者 株式会社FLT 報道 日本には5種類の保険しかありません。 生命保険 死亡した場合や高度障害者、重症化した場合などに限って支払うことになります。 介護保険 人は年をとったときや、病気やケガで障害者になったとき、長期間誰かの介護が必要になったときにお金を払うことができます。 就労不能保険 人は怪我をしたり、病気になったりして、短期的にも長期的にも働けなくなり、その結果、お金を払うことになります。 特定疾病保険 心臓発作や脳血管疾患、がんなどの大病を患っている人はお金を払うことができます。 医療保険 人は病気やケガをして入院したり、手術をしたりした場合にお金を払うことができます。 保険を見るとき、主なものは、それがカバーするものであり、実際には多くの保険商品は、1つまたは2つ、あるいはいくつかの上記のタイプの保険の組み合わせです。必要に応じて選択する必要があります。 保険期間別では、以下の2種類があります。 定期保険:一定期間の保険で、一般的なものは1年定期、10年定期、65歳までの定期などがあります。例えば、10年間保険をかけた場合、10年以内に何かあった場合は保険金が出るが、10年後に何かあった場合は保険金が出ないということになります。 終身保険:上記の定期保険に対応して、終身保険は明らかにカバレッジが一生続くことを意味します。例えば、終身保険(生命保険)は、人生が終わってしまうので、終身保険というのは、自分の主張を100%受け取れる保険のようなものだと言えます。 支払う保険料によって2つの種類があります。 掛け捨て:これは、保険料が消費されることを意味し、いつでもその保険を解約しても、支払った保険料を取り戻すことはできません。ちょっとしたお金でたくさんの保護を購入できるのが特徴です。上記の「定期保険」のほとんどは掛け捨て型の保険です。 貯蓄型:それに対して、貯蓄性保険の保険料は貯蓄性があります。一定期間経過後に解約すれば、保険料が戻ってきますし、多少の利息を支払うこともあります。上記の「終身保険」は、ほとんどが貯蓄性の高い保険です。 そして、上記の様々なカテゴリーの中で、多種多様な保険のデザインや組み合わせを生み出すことができます。 記者 株式会社FLT 報道

国内生保大手9社、第2四半期は新型コロナウイルスの影響で減収に

記者 株式会社FLT 報道 日本の大手生命保険会社9社が2020年第2四半期の決算を発表しました。新型コロナウイルスの拡大により、4月、5月は各社とも担当者が顧客を訪問することができず、新規契約が大幅に減少したため、各社とも売上連動型保険料等の収入が前年同期を下回りました。 保険料等収入では、日本生命保険相互会社とT&Dホールディングスグループを除く7社すべてが前年同期比10%以上の減収となりました。新契約の保険料(年率換算)では、日本生命、第一生命ともに65%減、住友生命は55%減、明治安田生命は36%減となりました。 主力事業の基礎利益をみると、日本生命、明治安田生命、住友、T&D、ウェルズ・ファーゴ生命の5社がいずれも減益となりました。一方、配当金を増配した第一生命グループや、朝日生命、ソニー生命、かんぽ生命の4社はいずれも増益となりました。 これらの 9 社に加え、マーケティング担当者を持たず、オンラインビジネスに特化したライフネット生命は、第 2 四半期に前年同期比で約 40%の新規契約を獲得し、四半期ベースでの新記録を樹立しました。 朝日生命のようなマーケティング社員を抱える保険会社も、8月から事業戦略を転換し、ネット会議システムを実験的に導入して商品の紹介や顧客との交渉をネット上で行っています。 記者 株式会社FLT 報道

Back to top