報告新聞

Tag: 三山熊裕

がん細胞を殺す飲食の小さな習慣

記者 三山熊裕 報道 ゆっくり食べて、ゆっくり噛むこと 一般的に食べ物が口に入った後は、噛むことで細かく分解することができ、細かく噛めば噛むほど胃腸への負担を軽減することができます。同時に口からは唾液がたくさん分泌され、食べ物がしっとりとして飲み込みやすくなります。 と噛むことによって、また反射的に胃液、膵液、胆汁分泌を引き起こす可能性があり、さらに消化に助長されています。 また、唾液にはリゾチームなどの活性酵素やビタミン類、多くの有機酸、ミネラル、ホルモン、免疫グロブリンAなどが十数種類含まれています。 消化、殺菌、解毒を助けるだけでなく、過剰な酸素によるフリーラジカルキラーの攻撃から細胞や遺伝子を守り、発がん物質の毒性を特定して不活性化するという重要な役割を果たしています。 しかし、食事の際にガブ飲みをすると、咀嚼回数が減るために唾液の分泌量が減り、唾液が口の中で食べ物と十分に混ざり合って接触することができず、正常な消化・殺菌・解毒・がん予防などの効果を発揮することができません。 そのため、食事の際にはゆっくりと噛んで飲み込むようにしましょう。 沸いたばかりのお湯を飲んではいけません。 世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)が発表した報告書では、「摂氏65度以上の熱い飲料を飲むと発がんリスクがある」と警告しています。 理由は、私たちの口と食道の表面が繊細で壊れやすい粘膜の層で覆われているということですが、適切な給餌温度は10〜40℃であり、高温のみ50〜60℃を許容することができ、65℃以上が焼かれます。 場合によっては、これらの粘膜は自分で修復することができます。しかし、熱いものを頻繁に食べていると、粘膜は「刺激-損傷-修復」を繰り返す過程で、どんどん異常な「異質な」細胞を作り出していきます。 時間の経過とともに、口内炎や食道潰瘍などのトラブルは避けられませんが、がんも一歩一歩身近なものになっていくかもしれません。 お酒を飲まないこと どんなお酒を飲んでも、お酒を飲めばアルコールを摂取することになります。しかし、アルコールそのものとその代謝物であるアセトアルデヒドは、いずれも世界保健機関(WHO)によって発がん性があるとされています。 アルコールやアセトアルデヒドを日常的に摂りすぎると、体内に蓄積され、様々な組織や臓器、特に肝細胞に有害な影響を与えてしまいます。 お酒を飲み過ぎなくても、お酒を飲まなくても、体内にアルコールが蓄積されたり、アルコールを長時間摂取することで肝臓に害を与えてしまいます。 また、長期的な飲酒は胃粘膜を傷つけ、慢性的な胃炎や胃潰瘍の原因となり、長い目で見ればガンを助長することにもなります。 記者 三山熊裕 報道

寝る前にお腹が空いたと思ったら食べた方がいいの?寝るときの3つの葛藤

記者 三山熊裕 報道 寝る前にお腹が空いたと思ったら食べた方がいいの? この質問に答える前に、自分自身に聞いてみましょう:太っているのか? 背が伸びているのかな? 日頃から十分な運動をしていますか? 痩せていて体が弱い人、定期的に運動をしている人、成長発達期にある人は、就寝前に全粒粉パン、スキムミルク、低糖質ヨーグルト、ゆで卵白、ゆで鶏の胸肉などの低カロリーの炭水化物やたんぱく質食品を補ったり、フルーツを食べたりするのがおすすめです。しかし、食べ過ぎには注意が必要で、そうしないと消化に影響を与え、結果的に眠れない夜になってしまうので、しばらく食べてから寝るのがベストです。 普段から運動不足で太り気味(肥満児含む)の方は、マイクロメディックのアドバイスでは、寝るときに体が低代謝状態になり、本当に太ってしまうので、口をつぐむようにしてください。お腹に悪いという心配はありませんし、たまには飢餓状態になっても体に大きな影響が出るほどではありません。 もちろん、常に空腹でベッドに行くことは間違いなく良いことではありませんが、胃の問題を引き起こすだけでなく、睡眠にも影響を与えます。したがって、より実現可能な方法は、我々はそのような2つの食事に夕食を分割するなど、彼らの「空腹ポイント」に応じて夕食の時間と量を調整することですが、それぞれの時間は少し少ない、2番目の食事は、就寝前に約2〜3時間食べることができます。 寝る前に牛乳を飲むと寝つきが良くなる? 確かに牛乳に含まれるトリプトファンには一定の鎮静作用がありますが、独立行政法人食品安全品質監督検査センターの検査では、牛乳に含まれるトリプトファンの含有量は323.9mg/kgなので、コップ250mlの牛乳に含まれるトリプトファンの含有量は100mg以下ということになります。 また、トリプトファンが働き、睡眠に影響を与えるためには、「血液脳関門」(脳と血液の間にあるバリアで、特定の有害物質が血流から脳組織に侵入するのを防ぐ)を越える必要があります。牛乳にはトリプトファン以外にも、血液脳関門と競合するアミノ酸があり、トリプトファンが血液脳関門を越える能力を低下させます。 このように、牛乳に含まれるトリプトファンだけでは、睡眠を促す効果はあまり期待できません。しかし、いつも寝る前にコップ一杯の牛乳を飲んでいたという人は、多かれ少なかれ心理的なプラシーボ効果があるかもしれないので、飲んで損はありません。 寝る前に水を飲むことは浮腫みの原因になる? 寝る前に100~200mlの水を適度に補給すると全く問題ありません。そうでない場合は、一晩寝た後、体が少し脱水状態になることがあります。 しかし、飲む水もデリケートで、飲む水の量に注意を払うことに加えて、水を飲む時間にも注意を払う必要があります。お酒を飲み始める数分前には寝ないことをお勧めしますが、お酒を飲むときは寝る1時間前や30分前でも構いません。 飲む時間は、一呼吸早く飲みすぎないように、ゆっくりと飲むのが一番ですし、夜のトイレの回数が多いと睡眠の質にも影響してきます。 記者 三山熊裕 報道

全粒穀物や野菜や果物を食べてPMSを緩和しましょう

記者 三山熊裕 報道 腹痛、乳房痛、浮腫み、不安、過敏性、抑うつ……多くの女性は月経前、これらの 「月経前症候群」という症状がありますが、どのようにそれを改善するのか?今回は、三山熊裕先生から、PMSを緩和できる方法を紹介しましょう。 月経期には微量栄養素(ビタミンB群、ビタミンE、ビタミンD、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル)が含まれていることが研究で明らかになっていますが、月経期にも周期的な変動があり、適切な量を摂取することで「月経前症候群」を緩和することができます。ダイエット中の方には、生理前に以下のようなことをすることをおすすめします。まず、高脂肪ダイエットは避けましょう。 2つ目は、全粒粉やミックスビーンズをきちんと食べること。精製された白米パスタに比べて、全粒粉はマグネシウム、亜鉛、マンガン、ビタミンE、ビタミンB群などの微量栄養素が多く含まれており、月経前症状の緩和に効果的です。小豆や緑豆などのでんぷん質の豆類は、食物繊維やビタミンB群、ビタミンE、マグネシウムなどの栄養素も豊富に含まれているため、一部をメインの食事に取り入れることもできます。 3つ目は、野菜や果物を十分に食べること。乳製品や果物・野菜の平均消費量は、PMSのある人よりもPMSのない回答者の方が有意に多いという研究結果が出ています。果物や野菜には多くの微量栄養素が含まれており、葉酸、ビタミンK、マグネシウム、カルシウムが豊富な濃い緑の葉物野菜、果物にはカリウムやビタミンCが多く含まれています。 第4に、乳製品を毎日食べることである。乳製品は、他の食品に比べて含有量が多く活用されているだけでなく、一部のビタミンDや多くのビタミンB群を摂取することができます。いくつかの研究で、食事性カルシウムが生理痛の緩和に一役買っている可能性があることが示されています。 第5に、塩分控えめの食事をして、水をたくさん飲むことである。塩は月経前の水分保持を促進するので、頭痛や膨満感、ふくらみ、敏感肌を悪化させてしまいます。塩分摂取量を1日3グラムに減らすことで、膨満感や胸の張りを和らげることができるという研究結果もあります。鼓動はPMSの一般的な症状であり、十分な水を飲むことで余分な水分の排泄が促進され、PMSの鼓動が軽減される可能性があります。1日にコップ8杯(約1700ml)以上の水を飲むことが推奨されています。 6つ目は、カフェイン入り飲料や甘味料入り飲料を制限することである。カフェインは、イライラや緊張、頭痛などのPMS症状を悪化させたり、胸の圧迫感や痛みなどの症状を悪化させる可能性があります。カフェイン入り飲料には、コーヒーや強いお茶などがあります。 また、甘味のある飲料は、ホルモンバランスに悪影響を及ぼす単純な糖分が多く含まれているため、制限する必要があります。 記者 三山熊裕 報道

女性に最も必要な野菜3選

記者 三山熊裕 報道 女性が輝きたいなら、もっと野菜や果物を食べるべきだと常々言っています。特に21世紀に入り、人間は屋内外の汚染物質や毒素にさらされることが多くなり、体内の炎症を増大させています。野菜は抗酸化物質の最高の供給源であるだけでなく、体内の炎症を遅らせたり、排除したりすることで、長寿を促進するのに役立つ食品でもあります。では、女性におすすめの野菜は何でしょうか?三山熊裕先生から聞いてみましょう。 ほうれん草 ほうれん草は、”最も汎用性の高い野菜 “の一つであり、ビタミンK、ビタミンC、カリウム、ルテイン、多くの強力な抗酸化物質が多く含まれており、心臓や筋肉の機能を強化するために体を助けながら、繊維が豊富で、蠕動運動を促進するために体を助けることができ、消化器系は若々しい活力を維持するために。ほうれん草に含まれる鉄分は、妊娠中の女性にとっても大切な仲間です。 ほうれん草と豆腐の栄養価はよく知られていますが、ほうれん草と豆腐は一緒に食べてはいけません。ほうれん草にはシュウ酸が含まれている、豆腐には金属カルシウムが豊富に含まれている、豆腐がほうれん草と一緒に食べると、金属カルシウムはシュウ酸カルシウムになります。シュウ酸カルシウムは体内に吸収されにくいので、ほうれん草を熱湯で3分ほど茹でてから調理すると、シュウ酸のほとんどを取り除くことができ、ほうれん草の渋みも取れます。 紫キャベツに含まれるファイトケミカルは、慢性疾患に関わる重要な抗酸化物質や抗炎症物質として作用し、その豊富な抗酸化成分は、体内の酵素系の解毒能力を高め、毒素が生み出すDNAへのダメージを中和し、がん細胞の転移を予防します。 紫キャベツは秋から冬にかけて収穫されるので、栄養分が失われないように、葉脈の細い無節操なケールを選ぶのがおすすめです。または、購入時にキャベツを叩いてもいいですし、音が大きければ大きいほど強くなります。一度に全部食べきれない場合は、ラップやビニール袋を使って冷凍庫で鮮度を保つことをおすすめします。 3. ブロッコリー ブロッコリーはそれだけでは当たり障りのない無味乾燥な野菜ですが、パスタや鶏肉、魚など多くの料理の調味料として使うことができます。ブロッコリーの良いところは、植物性たんぱく質が多く、ブロッコリー100gあたり3.5~4.5gのたんぱく質が含まれ、白ブロッコリーの3倍、トマトの4倍です。 また、ブロッコリーにはビタミンCやビタミンAなどのビタミン類も多く含まれており、美白や黒ずみ・ソバカス予防にも助かります。 水や空気、熱はビタミンCを破壊してしまうので、ブロッコリーを調理する際には、できれば水ではなく、ソテーやロースト、電子レンジで調理するようにしましょう。ブロッコリーと一緒にスープを作れば、ビタミンCが溶け出していても飲めます。ビタミンAが失われないようにする方法は、植物油で調理することです。また、ブロッコリーを買うときは、花が小さくて密集しているものを探しましょう。 記者 三山熊裕 報道

夏場にこんなお風呂に入るな! 多くの人が気づかない3つの細かいこと

記者 三山熊裕 報道 夏が来ると、冷たいシャワーなど寒いものが好きな人が多いですよね。 暑さで蒸散しばしば汗をかきます。ぬるぬるになった体は、この際、冷たいシャワーを浴びた方が気持ちがいいでしょう。なお、この快適さはおすすめできません。 暑いと体表の血管が膨張し、冷たい水に急に触れると血管が収縮し、心脳血管を傷つけやすくなります。特に高血圧などの基礎疾患を持っている人は、冷たいシャワーが特に事故を起こしやすいです。 また、冷たい水で洗うと体の熱が逃げられなくなり、熱中症にもなりやすくなります。 夏場の入浴にはぬるめのお湯を使うと、水が蒸発して熱が自然に奪われるので、ちょうどいい涼しさになります。 シャワーのときに気をつけたい3つの細かいこと 泡を立てからシャワーをする バブルの役割は、体の表面にある汚れを浮遊させることで皮膚から離れやすくなります。泡が多ければ多いほど汚れも多くなります。 シャワーを浴びるときに、ボディソープを絞って体に擦り付けてから水で洗い流すという人が多いようです。これでは泡があまりできず、使用した体の洗浄量が増えてしまい、洗い流すことが困難になります。 実際、ほとんどのボディソープにはある程度の発泡剤が含まれており、適切に使用すると、肌をよりきれいにするために多くの泡を簡単に作ることができます。 シャワーはあまりきれいに洗わなくてもいい 強くこすることで、体がきれいになるのではないかと考える方もいるでしょう。 そんなことはありません。強くこすりすぎると、肌表面の角質層などの「保護バリア」が破壊されやすくなり、乾燥肌の原因となり、水分損失で肌荒れを起こす機会が増えます。 シャワー中に鍵を開けたままにしておきましょう シャワーを浴びることはプライベートなことであり、ほとんどの人はシャワーを浴びている間はドアをロックすることに慣れています。それは特に高齢者にはあまりお勧めできません。 高齢者は体が弱く、バランスが悪く、心臓病や高血圧などの高齢者の病気に悩まされている方が多く、加えてトイレのスペースが狭く、閉まっていて熱く、床が滑りやすく、様々な危険な状況に陥りやすいです。 高齢者が浴室のドアをロックしてしまうと、しばらくドアロックが開かないため、タイムリーな助けを得るのが遅れてしまいます。

Back to top