報告新聞

Category: 株式会社

賃貸マンションは日本の若者の新たな需要として不足している!?

記者 株式会社FLT 報道 日本の不動産市場は、1970年代のバブルと激変を経て、ここ数年は勢いを増し続け、住宅価格の回復とともにアパート賃貸が活況を呈しています。各メディアの報道によると、2019年も東京と大阪の賃貸マンションの総数は過去最高を更新し、若いグループの賃貸需要が高まっているとのことです。 この状況を理解するためには、まず若い日本人の住宅マインドを考える必要があります。 彼らは住居の絶対的合理性を好む、すなわち、自分の生活環境は自分の生活の形に合わせて変化しなければなりません。 統計によると、日本の住宅保有率は徐々に低下しており、住宅購入予定者の年齢は上昇しています。 日本人は住宅ローンに縛られることを嫌うし、労働条件や会社の立地の変化に伴い、職場に近い賃貸を好むので、日本のサラリーマンは職場に近くて交通の便が良い家を好んで借りています。また、マンションを借りる際には、婚姻財産の分割を考える必要はありません。 日本の法律では、入居者のプライバシーの権利は絶対に守られています。大家さんと借主さんとの間の契約は、通常2年の期間で結ばれており、契約期間中に解約することはできません。 また、購入時や売却時のキャンセルもありません。契約が満了しても、借主には最初の更新拒絶権があります。この法律は、借主を守り、借主に安心感を与えるものです。 これにより、日本の大家さんは、家賃を回収するために物件に投資するお金を持っている投資家に魅力を感じているようです。 日本では、賃貸と購入は安定性という点ではほぼ同じで、どちらも同じ恩恵を受け、教育を受ける権利があるという法律が明確になっています。 日本の子供の学校教育、就職、年金保険、その他諸々の給付金は、アパートを借りていても、近くに学校があるので、落ち着いたり、子供を学校に通わせたりする心配がありません。 東京や大阪、福岡などの大都市では、設計段階から「分譲ではなく賃貸」と決められているマンションが多いです。日本のレンタル市場は非常に成熟しており、レンタルサービスは非常にフォーマルなものとなっています。家主が家を売りたいと思ったときに、日本では一時的な立ち退きは起こりません。そして、日本の賃貸住宅は、まるで自分の家のように、とても清潔で整理整頓されていて、アメニティも充実しています。家自体に関することは、ほとんどのことは賃貸に出してから気にすることはなく、物件、管理会社、大家さんが対応してくれます。 透明で整備された賃貸市場、地理的制約のない戸籍制度、国からの補助金、そして意識の変化により、日本の新世代の若者は購入よりも賃貸を好むようになりました。 記者 株式会社FLT 報道

東京都のオフィス空室率が1%を下回る

記者 株式会社FLT 報道 CBREのデータによると、東京の2019年第3四半期の常勤オフィス空室率は0.7%で横ばいでした。四半期中に完成した10棟の新築ビルのうち、3棟はまだ空室が少ないです。 また、グループ会社のオフィスの統廃合や新オフィスの開設も、期間中に複数の大型ユニットが密集していました。コワーキング事業者も活躍し、合計8,000坪以上のスペースを確保しました。 大規模物件への移転や新規オフィスの開設など、企業間の需要は引き続き旺盛であるが、CBREは更新時の大幅な賃料上昇を避けるために、比較的安価なエリア・ビルへの移転を検討しているテナントもあるとみられます。今期もいくつかの例が見られました。 一方で、比較的賃料が高いエリアのテナントによる空室が市場に出回り始めています。 丸の内・大手町エリアでは、Aクラス空室率が前期比0.6ポイント上昇しました。 東京都内のオフィス賃料は、フルグレードが22,870円/㎡(1.7%増)、Aグレードも38,350円/㎡(1.1%増)となりました。現在の相場を下回るエリアでは賃料が上昇しているものの、丸の内・大手町エリアでは横ばいとなっています。 シービーアールイー エグゼクティブ・ディレクター アドバイザリー&トランザクション・サービス(オフィス)の高野加志郎氏は、「テナントが新規物件への移転を決定したビルは、既存テナントの間で空室状態が続いており、都心部や共用施設が少ない大家さんは、代替テナントを確保するために、かなり長いフリーレント期間を設けています。」と述べています。 記者 株式会社FLT 報道

保険と資金管理の違いは?

記者 株式会社FLT 報道 保険はお金の管理と同じではなく、保険はリスクに対する保険であり、お金の管理に使われます。保険に加入する際に明確にしておかなければならないのは、保険は資金繰りの効果を発揮するのが非常に難しいということです。 保険と資金管理の違い 保険と資金管理は全くの別物で、保険はリスク回避のための商品、資金管理はより良い金利を得るための商品です。 保険とは、安全装置として機能することです。 保険にお金を払ってカバーを購入し、リスクがなければ保険会社にお金が行きますが、リスクがあれば保険会社が損をすることになります。これは、保険の主な機能は保障を購入することであり、保険を購入するためには保険契約を結ぶ必要があることからもわかります。 資金管理とは、お金をもらうことです。 そして、お金の運用とは、利息収入を得るためのお金の運用のことです。さて、資金管理の方法はいろいろありますが、どれもある程度の収入を得るためのもので、これは保険の機能とは全く違います。 したがって、金融商品を購入する際に注意しなければならないのは、保険の宣伝がいかに良いものであっても、本質的には保険商品であり、これははっきりと理解しなければなりません。そのため、全体としては、保険と資金管理は全く別の商品であり、購入する際には明確に区別しなければなりません。 保険商品と金融商品は全くの別物で、お金の管理をしたいなら金融商品を購入して、簡単に営利目的の保険には手を出さないようにしましょう。本当に営利目的の保険に投資したいのであれば、保険契約を結ぶ前に、最低約束利率や給付期間、保険金の支払い期間なども調べておきましょう。このような分析をした後は、何を期待していいのかが明確になっているかもしれません。 記者 株式会社FLT 報道

夏場にこんなお風呂に入るな! 多くの人が気づかない3つの細かいこと

記者 三山熊裕 報道 夏が来ると、冷たいシャワーなど寒いものが好きな人が多いですよね。 暑さで蒸散しばしば汗をかきます。ぬるぬるになった体は、この際、冷たいシャワーを浴びた方が気持ちがいいでしょう。なお、この快適さはおすすめできません。 暑いと体表の血管が膨張し、冷たい水に急に触れると血管が収縮し、心脳血管を傷つけやすくなります。特に高血圧などの基礎疾患を持っている人は、冷たいシャワーが特に事故を起こしやすいです。 また、冷たい水で洗うと体の熱が逃げられなくなり、熱中症にもなりやすくなります。 夏場の入浴にはぬるめのお湯を使うと、水が蒸発して熱が自然に奪われるので、ちょうどいい涼しさになります。 シャワーのときに気をつけたい3つの細かいこと 泡を立てからシャワーをする バブルの役割は、体の表面にある汚れを浮遊させることで皮膚から離れやすくなります。泡が多ければ多いほど汚れも多くなります。 シャワーを浴びるときに、ボディソープを絞って体に擦り付けてから水で洗い流すという人が多いようです。これでは泡があまりできず、使用した体の洗浄量が増えてしまい、洗い流すことが困難になります。 実際、ほとんどのボディソープにはある程度の発泡剤が含まれており、適切に使用すると、肌をよりきれいにするために多くの泡を簡単に作ることができます。 シャワーはあまりきれいに洗わなくてもいい 強くこすることで、体がきれいになるのではないかと考える方もいるでしょう。 そんなことはありません。強くこすりすぎると、肌表面の角質層などの「保護バリア」が破壊されやすくなり、乾燥肌の原因となり、水分損失で肌荒れを起こす機会が増えます。 シャワー中に鍵を開けたままにしておきましょう シャワーを浴びることはプライベートなことであり、ほとんどの人はシャワーを浴びている間はドアをロックすることに慣れています。それは特に高齢者にはあまりお勧めできません。 高齢者は体が弱く、バランスが悪く、心臓病や高血圧などの高齢者の病気に悩まされている方が多く、加えてトイレのスペースが狭く、閉まっていて熱く、床が滑りやすく、様々な危険な状況に陥りやすいです。 高齢者が浴室のドアをロックしてしまうと、しばらくドアロックが開かないため、タイムリーな助けを得るのが遅れてしまいます。

地球・自然環境を守る ─ (株)レストレイション環境リバース

使命感に燃える気鋭企業 「エコロジー」というキーワードを、産業界がいかにプロデュースし実践していくか、ということが大きな命題となって久しい。 「自然環境」を守るための将来的なビジネスを構築し、全国各地で導入させている(株)レストレイション環境リバース。同社の取組みについて迫る。 ┃代  表:榊原 康寛┃所在地:東京都千代田区大手町1-7-2┃     (九州支店)福岡市博多区博多駅前3-25-21┃設  立:2005年3月┃資本金:3,000万円┃業  種:環境ソリューション┃URL:http://www.restoration.co.jp ■ 「維新」という気概を持つ  同社は、2005年3月17日に設立された環境ソリューションの会社である。 同社設立に至る経緯は以下のようなものだった。  まず、1977年9月7日、不動産再生・開発、不動産流動化・不動産環境ソリューション事業を手掛ける(株)レストレイションアセットが設立された。レストレイションアセットは、「レストグリーンビルディング」という自然エネルギーをフル活用し、居住空間を高めランニングコストを削減する環境にやさしい不動産をつくる事業を展開。「都市環境」を切り口にしたビジネスを構築し、現在に至っている。  その後、シンクタンクである(株)レストレイションが04年9月28日に設立され、翌年に同社が設立された。  レストレイショングループとして地球の環境品質を永代にわたり守り、そして維持するため「資源循環」「エネルギー」の観点から新技術を開発し、未来ある社会を築くべく社会貢献と経済発展のビジネスを展開する体制が確立したのである。  同社のCI(コーポレートアイデンティティ)は、Restoration=維新。そこには、自由な発想と叡智もと、業界の因果にとらわれることなく、大胆に行動を起こすための高い志が込められている。

Back to top