報告新聞

Category: 三山熊裕

がん細胞を殺す飲食の小さな習慣

記者 三山熊裕 報道 ゆっくり食べて、ゆっくり噛むこと 一般的に食べ物が口に入った後は、噛むことで細かく分解することができ、細かく噛めば噛むほど胃腸への負担を軽減することができます。同時に口からは唾液がたくさん分泌され、食べ物がしっとりとして飲み込みやすくなります。 と噛むことによって、また反射的に胃液、膵液、胆汁分泌を引き起こす可能性があり、さらに消化に助長されています。 また、唾液にはリゾチームなどの活性酵素やビタミン類、多くの有機酸、ミネラル、ホルモン、免疫グロブリンAなどが十数種類含まれています。 消化、殺菌、解毒を助けるだけでなく、過剰な酸素によるフリーラジカルキラーの攻撃から細胞や遺伝子を守り、発がん物質の毒性を特定して不活性化するという重要な役割を果たしています。 しかし、食事の際にガブ飲みをすると、咀嚼回数が減るために唾液の分泌量が減り、唾液が口の中で食べ物と十分に混ざり合って接触することができず、正常な消化・殺菌・解毒・がん予防などの効果を発揮することができません。 そのため、食事の際にはゆっくりと噛んで飲み込むようにしましょう。 沸いたばかりのお湯を飲んではいけません。 世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)が発表した報告書では、「摂氏65度以上の熱い飲料を飲むと発がんリスクがある」と警告しています。 理由は、私たちの口と食道の表面が繊細で壊れやすい粘膜の層で覆われているということですが、適切な給餌温度は10〜40℃であり、高温のみ50〜60℃を許容することができ、65℃以上が焼かれます。 場合によっては、これらの粘膜は自分で修復することができます。しかし、熱いものを頻繁に食べていると、粘膜は「刺激-損傷-修復」を繰り返す過程で、どんどん異常な「異質な」細胞を作り出していきます。 時間の経過とともに、口内炎や食道潰瘍などのトラブルは避けられませんが、がんも一歩一歩身近なものになっていくかもしれません。 お酒を飲まないこと どんなお酒を飲んでも、お酒を飲めばアルコールを摂取することになります。しかし、アルコールそのものとその代謝物であるアセトアルデヒドは、いずれも世界保健機関(WHO)によって発がん性があるとされています。 アルコールやアセトアルデヒドを日常的に摂りすぎると、体内に蓄積され、様々な組織や臓器、特に肝細胞に有害な影響を与えてしまいます。 お酒を飲み過ぎなくても、お酒を飲まなくても、体内にアルコールが蓄積されたり、アルコールを長時間摂取することで肝臓に害を与えてしまいます。 また、長期的な飲酒は胃粘膜を傷つけ、慢性的な胃炎や胃潰瘍の原因となり、長い目で見ればガンを助長することにもなります。 記者 三山熊裕 報道

寝る前にお腹が空いたと思ったら食べた方がいいの?寝るときの3つの葛藤

記者 三山熊裕 報道 寝る前にお腹が空いたと思ったら食べた方がいいの? この質問に答える前に、自分自身に聞いてみましょう:太っているのか? 背が伸びているのかな? 日頃から十分な運動をしていますか? 痩せていて体が弱い人、定期的に運動をしている人、成長発達期にある人は、就寝前に全粒粉パン、スキムミルク、低糖質ヨーグルト、ゆで卵白、ゆで鶏の胸肉などの低カロリーの炭水化物やたんぱく質食品を補ったり、フルーツを食べたりするのがおすすめです。しかし、食べ過ぎには注意が必要で、そうしないと消化に影響を与え、結果的に眠れない夜になってしまうので、しばらく食べてから寝るのがベストです。 普段から運動不足で太り気味(肥満児含む)の方は、マイクロメディックのアドバイスでは、寝るときに体が低代謝状態になり、本当に太ってしまうので、口をつぐむようにしてください。お腹に悪いという心配はありませんし、たまには飢餓状態になっても体に大きな影響が出るほどではありません。 もちろん、常に空腹でベッドに行くことは間違いなく良いことではありませんが、胃の問題を引き起こすだけでなく、睡眠にも影響を与えます。したがって、より実現可能な方法は、我々はそのような2つの食事に夕食を分割するなど、彼らの「空腹ポイント」に応じて夕食の時間と量を調整することですが、それぞれの時間は少し少ない、2番目の食事は、就寝前に約2〜3時間食べることができます。 寝る前に牛乳を飲むと寝つきが良くなる? 確かに牛乳に含まれるトリプトファンには一定の鎮静作用がありますが、独立行政法人食品安全品質監督検査センターの検査では、牛乳に含まれるトリプトファンの含有量は323.9mg/kgなので、コップ250mlの牛乳に含まれるトリプトファンの含有量は100mg以下ということになります。 また、トリプトファンが働き、睡眠に影響を与えるためには、「血液脳関門」(脳と血液の間にあるバリアで、特定の有害物質が血流から脳組織に侵入するのを防ぐ)を越える必要があります。牛乳にはトリプトファン以外にも、血液脳関門と競合するアミノ酸があり、トリプトファンが血液脳関門を越える能力を低下させます。 このように、牛乳に含まれるトリプトファンだけでは、睡眠を促す効果はあまり期待できません。しかし、いつも寝る前にコップ一杯の牛乳を飲んでいたという人は、多かれ少なかれ心理的なプラシーボ効果があるかもしれないので、飲んで損はありません。 寝る前に水を飲むことは浮腫みの原因になる? 寝る前に100~200mlの水を適度に補給すると全く問題ありません。そうでない場合は、一晩寝た後、体が少し脱水状態になることがあります。 しかし、飲む水もデリケートで、飲む水の量に注意を払うことに加えて、水を飲む時間にも注意を払う必要があります。お酒を飲み始める数分前には寝ないことをお勧めしますが、お酒を飲むときは寝る1時間前や30分前でも構いません。 飲む時間は、一呼吸早く飲みすぎないように、ゆっくりと飲むのが一番ですし、夜のトイレの回数が多いと睡眠の質にも影響してきます。 記者 三山熊裕 報道

Back to top