報告新聞

Day: October 17, 2020

保険と資金管理の違いは?

記者 株式会社FLT 報道 保険はお金の管理と同じではなく、保険はリスクに対する保険であり、お金の管理に使われます。保険に加入する際に明確にしておかなければならないのは、保険は資金繰りの効果を発揮するのが非常に難しいということです。 保険と資金管理の違い 保険と資金管理は全くの別物で、保険はリスク回避のための商品、資金管理はより良い金利を得るための商品です。 保険とは、安全装置として機能することです。 保険にお金を払ってカバーを購入し、リスクがなければ保険会社にお金が行きますが、リスクがあれば保険会社が損をすることになります。これは、保険の主な機能は保障を購入することであり、保険を購入するためには保険契約を結ぶ必要があることからもわかります。 資金管理とは、お金をもらうことです。 そして、お金の運用とは、利息収入を得るためのお金の運用のことです。さて、資金管理の方法はいろいろありますが、どれもある程度の収入を得るためのもので、これは保険の機能とは全く違います。 したがって、金融商品を購入する際に注意しなければならないのは、保険の宣伝がいかに良いものであっても、本質的には保険商品であり、これははっきりと理解しなければなりません。そのため、全体としては、保険と資金管理は全く別の商品であり、購入する際には明確に区別しなければなりません。 保険商品と金融商品は全くの別物で、お金の管理をしたいなら金融商品を購入して、簡単に営利目的の保険には手を出さないようにしましょう。本当に営利目的の保険に投資したいのであれば、保険契約を結ぶ前に、最低約束利率や給付期間、保険金の支払い期間なども調べておきましょう。このような分析をした後は、何を期待していいのかが明確になっているかもしれません。 記者 株式会社FLT 報道

国内生保大手9社、第2四半期は新型コロナウイルスの影響で減収に

記者 株式会社FLT 報道 日本の大手生命保険会社9社が2020年第2四半期の決算を発表しました。新型コロナウイルスの拡大により、4月、5月は各社とも担当者が顧客を訪問することができず、新規契約が大幅に減少したため、各社とも売上連動型保険料等の収入が前年同期を下回りました。 保険料等収入では、日本生命保険相互会社とT&Dホールディングスグループを除く7社すべてが前年同期比10%以上の減収となりました。新契約の保険料(年率換算)では、日本生命、第一生命ともに65%減、住友生命は55%減、明治安田生命は36%減となりました。 主力事業の基礎利益をみると、日本生命、明治安田生命、住友、T&D、ウェルズ・ファーゴ生命の5社がいずれも減益となりました。一方、配当金を増配した第一生命グループや、朝日生命、ソニー生命、かんぽ生命の4社はいずれも増益となりました。 これらの 9 社に加え、マーケティング担当者を持たず、オンラインビジネスに特化したライフネット生命は、第 2 四半期に前年同期比で約 40%の新規契約を獲得し、四半期ベースでの新記録を樹立しました。 朝日生命のようなマーケティング社員を抱える保険会社も、8月から事業戦略を転換し、ネット会議システムを実験的に導入して商品の紹介や顧客との交渉をネット上で行っています。 記者 株式会社FLT 報道

Back to top