報告新聞

Tag: 資産運用

日本の保険に関するよくある質問

記者 株式会社FLT 報道 高齢者向けの保険はありますか? 50歳以上の方は、一般的に病気のリスクが高まるため、医療保険や重症度の高い保険を優先して加入することをお勧めします。生涯現役医療保険、重症心身共済(高額予算)、都民共済・県民共済(低額予算)はどれも良い選択肢です。 また、子どもたちもそろそろ成人に近づいてきており、老後のための年金計画を考える時期になってきました。 資産運用物件でいくつかの年金保険を考えてみましょう。 45歳くらいで月々の保険料は? 45歳前後の方は、5,000円前後の保険料を優先して医療保障や重症度別保障を積み立てておくと良いでしょう。 また、小さなお子さんがいる場合は、生命保険を検討することをおすすめします。 あるいは、貯蓄型の生命保険に加入することで、老後のために貯蓄をして、高い保障を享受することもできます。 終身保険を選ばなければならないのか? 将来のリスクは? 日本では、医療保険の範囲内での損害保険商品のコストパフォーマンスは、各種の共済を除き、一般的に生命保険に比べて低いとされています。また、医療保険は通常、保険料が免除されることが多いので、病気になったり、一定の状態になったりすると、将来の保険料がすべて免除され、一生涯保障されることになります。 また、高齢になると、様々な重篤な病気や慢性疾患を抱えていたり、病歴があったりすると、保険に加入することが非常に難しくなります。 外国人は日本の保険に加入できるのか? はい、できます。契約者と被保険者の双方が保険加入時に日本に在留カードを持っていることが加入条件となります。つまり、観光ビザなどの短期滞在ビザは認められていません。 また、日本の保険会社のほとんどがグローバルクレーム決済に対応しており、条件を満たせば治療のために帰国しても補償を受けることができます。

適切な保険加入の5つの原則

記者 株式会社FLT 報道 まずは基本保障、次に貯蓄保障 生命保険には、事故、重症、医療、生命、教育、年金、財産相続の7つの保険があります。 最初にどれを買って、その後にどれを買うかが重要で、順番が逆になってしまうと、使ったお金が解決しなかった可能性があります。間違った保険には加入できないので、間違った保険に加入した後に、十数年後、十数年後には解決しなかったことが判明する可能性があります。リスクが発生していないので、間違って買ってしまったことを知らないので、まずは基本的な保護をしなければなりません。 基本保障は、最初に事故、重症、医療、生命保険の4つの保障があり、次いで貯蓄・資産運用、次いで教育、老後、財産相続の4つの保障があります。基本的な保護と貯蓄と富の管理はどちらも重要で、どちらが重要とは言わず、優先順位の高い順に並べるだけで、どちらも重要なのです。 まず大人を守り、次に子供や高齢者を守る 保険の本質は、パンを稼ぐ人であるパン屋さんを守ることにあるはずです。 子供や高齢者は収入源ではないので、彼の保障はそれほど重要ではないので、まず大人をカバーする必要があります。3人家族と4人家族で統一されたプランの方が良いと思います。どちらを先にカバーして、どちらを後にカバーするかというと、間違いなく大人を先にカバーすることになります。 まず契約書を見て、次に会社を見る 無視している人が多いですが、正しいのは、まず契約書を見てから会社を見るべきで、多くの人が保険に加入しているのに、会社だけを見て契約書すら見ていないということです。そのため、最終的にはクレームの問題点が多いことに気づくのです。 なぜなら、ただ営業マンがそう言ったのを聞いただけなのに、彼が読んでいない契約書は、例えば、契約書の中にこんな病気の発生率が高いのか? 出玉は条件付きなので、まず条件を見て、次に会社を見ることが大切です。 記者 株式会社FLT 報道

Back to top