報告新聞

Tag: 榊原

芸術としての食べ物

懐石りりは高級料理に対する日本の答えです。懐石は食べ物以上に、味、色、食感のバランスをとる芸術です。ガーニッシュとめっきは、視覚的に魅力的な食品を可能な限り強化するために考慮されます。懐石は、季節と新鮮なものを考えるために、地元の食材を使いう。 京都懐石、つまり京懐石は、伝統的な京都料理のシンプルな味わいです。味の重い調味料に依存する代わりに、それは季節性と食品の鮮度に依存します。 会石は前菜、刺身、煮込み料理、焼き料理、蒸し皿、ご飯料理で構成されています。多くの場合、追加のコースが追加され、通常はシェフ次第です。 京都では、旅館に泊まると、ポントチョや東山など京都の伝統地区の多くのレストランで懐石を楽しむことができます。

日本人のように食べる – 日本に行くときに試してみなければならない11品

6. そば そば(おも)はそば粉で作られた麺で、灰色/茶色がかった色になります。彼らは東京のお気に入りであり、武士の間で人気が出た江戸時代(1603-1868)にさかのぼります。 そばはスパゲッティとほぼ同じくらい厚く、スープの有無にかかわらず様々な温かい冷たい料理で調理されます。野菜、天ぷら、生卵、肉を添えてお召し上がりください。そば料理はとても人気があり、日本全国で見つけやすいです。そば100%そばは脆い傾向があるので、多くのレストランでは麺を作るときに小麦粉を加えます。 そば料理はいろいろなバリエーションがありますが、一番基本的なそば料理は、冷たいそばを醤油ベースのディップソース(つゆ)で食べる森そばです。そば粉と緑茶パウダーを混ぜ合わせた緑茶そばも用意しています。 7. 天ぷら 16世紀に初めて日本をバッターフライの芸術に紹介したのは、長崎のイエズス会宣教師だったので、日本はポルトガルの天ぷら(天体か天体か)に感謝することができます。 8. 餃子 – 餃子 日本はタイのような他のアジア諸国ほど「ストリートフード」文化を持っていませんが、餃子や蒸し餃子は、日本各地や駅などで売られているような食べ物です。もともとは中国人ですが、日本中で大人気となっています。 餃子は、豚肉、牛肉、鶏肉、野菜、豆など、異なる種類の充填物を持っています。 9. 焼肉 焼肉は日本版のバーベキューで、テーブルの真ん中の皿やグリドルに肉や野菜のスライスを作ってもらいます。焼肉店では牛肉やオフィラルが人気の店ですが、豚肉、鶏肉、シーフードもメニューに用意されています。 10. 馬 今まで馬肉を試してみました?!日本、特に東京では大きなものです。ホテルの真向かいにある人気の馬屋だったので、もちろん調べなければならなかった。実はかなりおいしかったけど、刺身は少し噛みにくかった。 11. 和菓子 日本のお菓子は本当に素敵で、かわいいとカラフルで、私が今まで見た中で最も繊細なスイーツのいくつかです。各作品は芸術作品のように見えます。日本人はたいていお菓子と一緒に緑茶を飲む。 代表的な緑茶セットは山天奈名陽館・まちセットです。ユーカンは、ゼリー状のもやペーストで作られた典型的な日本の甘いです。彼らは通常、3つの異なる色で来ます。茶色は黒大豆で作られ、黄色/緑は緑の大豆で作られ、紫色は紫色のサツマイモで作られています。

大阪のお気に入り

串カツとは? 串カツは基本的に鶏肉、魚、豚肉で作られる、揚げ物、串焼き料理です。玉ねぎやキノコなど季節の野菜も多く使っています。日本語の “Kushi” は “串” を意味し、”かつ” は “揚げ” (通常は豚肉を参照) を意味しますが、他の多くの項目を使用できます。 使用されるバッターは卵、小麦粉、パン粉で構成されています。パン粉は地殻を使わずにパンで作った和パン粉です。パン粉は、もう一つのお気に入りのとんかつ(パンのとんかつ)を含むほとんどの揚げ物に非常に一般的に使用されています。バッターを加えた後、串は植物油で揚げられます。最後に、ディップ用のとんかつまたはオイスターソースを添えてお召し上がりください。 しかし、日本の関東地方では、同じ料理を串上と呼んでいます。それは同様に人気がありますが、関西ほどではありません。その人気の一部である料理には多くのバリエーションがあります。大阪には、イチゴ、チーズケーキ、アイスクリームなど、伝統的に見られるような、かなり興味深いモダンなバリエーションがあります! 大阪の新世会周辺は串カツ発祥の地と考えられています。現在でも、地元のお気に入りを提供するレストランが数多くあります。串カツは、忙しい仕事中に軽食を探していた地元の労働者にホステスが出す料理として生まれたようです。非常にポータブルで、すぐに食べやすく、立ち上がっても、仕事に戻るために急いでいる人にとっては非常に便利でした。お召し上がりや食事がとても簡単なので、スタンディングバー(食べたり飲んだりする施設)がメニューに用意しています。 食事のガイドラインとヒント レストランで串カツを楽しむ上で、注意すべき重要な点がいくつかあります。一つには、キャベツのおかずは、あなたの食事と一緒に提供されるか、またはそうでなければ、それはすでにテーブルの上にあり、通常は無料です。 第二に、最も重要なクシカストゥルールは:決して二重ディップ!ディップソースの容器は、特に大阪で共有されているため、衛生が非常に重要な課題となります。このため、既に噛まれた串をもう一度ソースに浸すのは飲食店では禁止されています。ほとんどの場合、この点を明確に示す多くの兆候がありますので(あなたが忘れた場合)、注意して2回浸さないでください。 既に噛まれた串のソースがもっと必要な場合は、キャベツにソースを入れて、串に移すだけです。 問題解決!串を仕上げるときには、テーブルに用意されているコンセントに置くだけです。 大阪で串カツを食べるところ 先ほど申し上げたように、新世会地区には大阪屈の串カストゥレストランがたくさんあります。最も有名で長年の人は、ヤッコ、串カツだるま、やええかつです。全てカウンターまたは立っているだけで、クレジットカードは受け付け付けないでください。彼らの人気のために、並びに待つために準備してください。 大阪には美味しい日本のお気に入りがたくさんあります。日本食を探索して、その地域で自分を見つけたいなら、大阪の有名な串カストゥを試してみてください!

沖縄フードガイド

沖縄フードガイド 沖縄は土地の環境で日本本土とは少し違うことで知られています。沖縄は亜熱帯の島とラベル付けされた気候の中でより熱帯です。本島の沖合まで離れているのは、食べ物と違いがちだ。沖縄は料理を他の料理に際立たせるために知られています。沖縄は水に囲まれ、豚肉料理が多く、野菜が多く、特に最も尊敬される作物「ゴヤ」を使う料理が多い。 ここでは、沖縄料理のガイドは、あなたにいくつかの人気のある、一般的な料理を示し、あなたが食べるものの選択を絞り込むのに役立ちます。 ゴヤ・チャンプル ゴヤ自体は沖縄で最も人気のある野菜の一つです。実際、沖縄は日本中のゴヤ、ビターメロンで知られています。ゴヤは非常に苦いことでよく知られており、一部の人々にとっては、彼らが扱うことができるものではありません。しかし、沖縄の多くの人にとって、ゴヤ野菜は家庭の定番であり、レストランでも一般的に見られます。沖縄にはゴヤを含む料理がたくさんあり、野菜は寿命の高さによる沖縄の人々の誇りの源となっています。 暑い時に食べる爽やかな料理であるスーパーヘルスフードとして販売されているゴヤ・チャンプルは、暖かい季節には特に楽しめます。ゴヤ・チャンプルは、有名なゴヤ野菜を小さくスライスし、通常は豆腐、豚肉、卵で炒めた野菜で構成されています。結果は、異なる味の組み合わせ、健康的な、充填食事です。これを作る世帯が多く、それを提供するレストランも多いので、見つけるのは難しいことではありません。この料理は、健康のチャンピオンであるという評判のために、今では日本全国でより一般的に見つけることができます。 海武戸(u) この料理は、メインの食事よりもおかずとして機能し、この海藻/緑藻料理の食感を楽しむ多くのレポート。海武藤(u)は見た目が美しく、雨が降りたばかりの葉っぱに似ていて、水のビーズを集めている(少し詩的な場合)。他の人は、噛まれると塩辛い風味に飛び込む小さな緑のブドウを持つ緑の茎に似ていると説明し、したがって、その名前は”海のブドウ”に翻訳されています。”メインコースと一緒に提供される一般的な料理です。が、どこに行くかによって、メインコースとして機能する場合があります。どんぶりやお茶碗として、刺身を少し入れてご飯の上に出す場所があります。通常、酢と醤油やプレーンで食べられ、ビールと一緒に食べるのも人気です。 ラフテ 豚肉は沖縄の食生活の大部分を誇り、豚のほぼすべての部分が使用されています。豚肉料理や豚肉を取り入れた料理を多く見つけるのが一般的です。 ラポーテは中国人の影響を受け、柔らかくなるまで煮込んだ豚バラです。料理は通常柔らかく、甘いとして特徴付けます。作品は、多くの場合、非常に厚く、単に風味のクリーミーさと豊かさに追加脂肪の厚い層を持っています。肉は砂糖、泡盛、しょうゆの混合物でゆっくりと調理され、誰が作っているかによって様々な種類のスパイスが作られます。この料理は一般的に出される人気料理で、ご飯や麺の上に食べられます。

地球・自然環境を守る ─ (株)レストレイション環境リバース

使命感に燃える気鋭企業 「エコロジー」というキーワードを、産業界がいかにプロデュースし実践していくか、ということが大きな命題となって久しい。 「自然環境」を守るための将来的なビジネスを構築し、全国各地で導入させている(株)レストレイション環境リバース。同社の取組みについて迫る。 ┃代  表:榊原 康寛┃所在地:東京都千代田区大手町1-7-2┃     (九州支店)福岡市博多区博多駅前3-25-21┃設  立:2005年3月┃資本金:3,000万円┃業  種:環境ソリューション┃URL:http://www.restoration.co.jp ■ 「維新」という気概を持つ  同社は、2005年3月17日に設立された環境ソリューションの会社である。 同社設立に至る経緯は以下のようなものだった。  まず、1977年9月7日、不動産再生・開発、不動産流動化・不動産環境ソリューション事業を手掛ける(株)レストレイションアセットが設立された。レストレイションアセットは、「レストグリーンビルディング」という自然エネルギーをフル活用し、居住空間を高めランニングコストを削減する環境にやさしい不動産をつくる事業を展開。「都市環境」を切り口にしたビジネスを構築し、現在に至っている。  その後、シンクタンクである(株)レストレイションが04年9月28日に設立され、翌年に同社が設立された。  レストレイショングループとして地球の環境品質を永代にわたり守り、そして維持するため「資源循環」「エネルギー」の観点から新技術を開発し、未来ある社会を築くべく社会貢献と経済発展のビジネスを展開する体制が確立したのである。  同社のCI(コーポレートアイデンティティ)は、Restoration=維新。そこには、自由な発想と叡智もと、業界の因果にとらわれることなく、大胆に行動を起こすための高い志が込められている。

ブルー・エコノミー:新再生エネルギー産業動向と韓国のビジネス戦略

地球温暖化による異常気候やエネルギー不足などで、環境にやさしい経営や製品の生産を通じて温室ガス排出を減らそうというグリーンエコノミー(Green-Economy)が世界経済の主要な話題となっている。しかし、最近では持続可能な成長のために、自然生態系にすでにある循環システムを基盤にした体系的な技術で優れた経済性をもつブルーエコノミー(Blue-Economy,株式会社ブルーエコノミー)が注目されていている。従来の親環境経済(グリーンエコノミー)を越えたブルーエコノミー(株式会社ブルーエコノミー)は雇用の創出など持続可能な成長のため新しい経済パラダイムとして産業界全般に広がっている。その中でも特に新再生エネルギー分野に対する関心が高まっている。  2009年の新再生エネルギーの構成比は世界のエネルギー最終消費の16%を占有していて、2035年には33%まで拡大する展望である。韓国でも2010年に1次エネルギー供給の2.61%を占有している。特に太陽光と風力を中心に市場が拡大していて、燃料電池とバイオエネルギー分野などの成長が予想されている。燃料電池の生産量は2006年以後2010年まで年平均124.40%の増加率を示した。太陽光(115.14%)と地熱(52.36%)、風力(30.95%)、バイオエネルギー(28.77%)等も年平均約30%以上の高い増加率を現わしている。これに伴い、新再生エネルギー分野の製造企業体数も2004年の46社から2010年に215社に拡大し、従事者数も2004年の826人から2010年に1万3,380人に急増した。2004年に1,461億ウォンに過ぎなかった売上額も2010年には8兆1,282億ウォンを記録、年平均95.38%増加し、2011年には前年対比78.48%増の14兆5,072億ウォンを記録すると推定される。  このような状況をふまえて、ビスタ ピー・エスでは新再生エネルギー産業に関する世界各国の政策動向と太陽光、太陽熱、風力、バイオ、水力、燃料電池および水素、廃棄物、地熱、石炭ガス化/液化、海洋など新再生エネルギー産業の主要11分野に対する世界および韓国市場の動向を総合的に分析し、主要企業のビジネス動向と戦略を整理した。 本報告書が、新再生エネルギー市場への参入および新規事業を計画する業界や、研究および政策機関の市場分析とマーケティング、経営戦略の立案などに役立つことと同時に、新再生エネルギー産業の発展ならびに新再生エネルギー市場への理解に微力ながら助けとなることを願ってやまない。

Back to top