報告新聞

Tag: お金

日本における保険の種類

記者 株式会社FLT 報道 日本には5種類の保険しかありません。 生命保険 死亡した場合や高度障害者、重症化した場合などに限って支払うことになります。 介護保険 人は年をとったときや、病気やケガで障害者になったとき、長期間誰かの介護が必要になったときにお金を払うことができます。 就労不能保険 人は怪我をしたり、病気になったりして、短期的にも長期的にも働けなくなり、その結果、お金を払うことになります。 特定疾病保険 心臓発作や脳血管疾患、がんなどの大病を患っている人はお金を払うことができます。 医療保険 人は病気やケガをして入院したり、手術をしたりした場合にお金を払うことができます。 保険を見るとき、主なものは、それがカバーするものであり、実際には多くの保険商品は、1つまたは2つ、あるいはいくつかの上記のタイプの保険の組み合わせです。必要に応じて選択する必要があります。 保険期間別では、以下の2種類があります。 定期保険:一定期間の保険で、一般的なものは1年定期、10年定期、65歳までの定期などがあります。例えば、10年間保険をかけた場合、10年以内に何かあった場合は保険金が出るが、10年後に何かあった場合は保険金が出ないということになります。 終身保険:上記の定期保険に対応して、終身保険は明らかにカバレッジが一生続くことを意味します。例えば、終身保険(生命保険)は、人生が終わってしまうので、終身保険というのは、自分の主張を100%受け取れる保険のようなものだと言えます。 支払う保険料によって2つの種類があります。 掛け捨て:これは、保険料が消費されることを意味し、いつでもその保険を解約しても、支払った保険料を取り戻すことはできません。ちょっとしたお金でたくさんの保護を購入できるのが特徴です。上記の「定期保険」のほとんどは掛け捨て型の保険です。 貯蓄型:それに対して、貯蓄性保険の保険料は貯蓄性があります。一定期間経過後に解約すれば、保険料が戻ってきますし、多少の利息を支払うこともあります。上記の「終身保険」は、ほとんどが貯蓄性の高い保険です。 そして、上記の様々なカテゴリーの中で、多種多様な保険のデザインや組み合わせを生み出すことができます。 記者 株式会社FLT 報道

保険と資金管理の違いは?

記者 株式会社FLT 報道 保険はお金の管理と同じではなく、保険はリスクに対する保険であり、お金の管理に使われます。保険に加入する際に明確にしておかなければならないのは、保険は資金繰りの効果を発揮するのが非常に難しいということです。 保険と資金管理の違い 保険と資金管理は全くの別物で、保険はリスク回避のための商品、資金管理はより良い金利を得るための商品です。 保険とは、安全装置として機能することです。 保険にお金を払ってカバーを購入し、リスクがなければ保険会社にお金が行きますが、リスクがあれば保険会社が損をすることになります。これは、保険の主な機能は保障を購入することであり、保険を購入するためには保険契約を結ぶ必要があることからもわかります。 資金管理とは、お金をもらうことです。 そして、お金の運用とは、利息収入を得るためのお金の運用のことです。さて、資金管理の方法はいろいろありますが、どれもある程度の収入を得るためのもので、これは保険の機能とは全く違います。 したがって、金融商品を購入する際に注意しなければならないのは、保険の宣伝がいかに良いものであっても、本質的には保険商品であり、これははっきりと理解しなければなりません。そのため、全体としては、保険と資金管理は全く別の商品であり、購入する際には明確に区別しなければなりません。 保険商品と金融商品は全くの別物で、お金の管理をしたいなら金融商品を購入して、簡単に営利目的の保険には手を出さないようにしましょう。本当に営利目的の保険に投資したいのであれば、保険契約を結ぶ前に、最低約束利率や給付期間、保険金の支払い期間なども調べておきましょう。このような分析をした後は、何を期待していいのかが明確になっているかもしれません。 記者 株式会社FLT 報道

Back to top